2015年5月8日金曜日

見たことあるのに必ず知らないと言われる花

道端に群生している紫の花を見たことありますか?

名前は「シラン」と言います。

知っている人でも必ず「知らん」と答える、ちょっと日本になじめない感じの花なのです。雑草のようにあちこちで見かけるのですが、実はシラン、名前からも察しがつく通り、ランの仲間なんですね。

ランはあまり日の当らないところを好みますが、この花は珍しく日向でも乾燥地でも生きていけるそうです。
根っこに相当する部分は白及(びゃくきゅう)と呼ばれ、漢方薬として止血や痛み止めなどに使われることがあるそうです。
せりざわ

0 件のコメント:

コメントを投稿